スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目先を変えるために。

区別したかったのでわけました。
コメ返なのですよ。
ありがとう。
スポンサーサイト

企画内キャラ考察:1

というわけで、ようやくたどり着きましたキャラ考察です。
トップバッターは鉤辻組最年長(?)の男の娘。
我らが杏里嬢(嬢?)であります!!

ただ文章だけだと飽きてくるので(俺が)ノートに溜め込んだ落書きも交えながらまとまらない考察をダラダラと書き綴って行きましょう!
追記として仕舞ったりしませんので、覚悟の出来た方はしばしの間、お付き合いください。






キャラ考察No.1:桜野杏里(柿山平次)

・組内の家事係。食をつかさどるという意味ではお母さん的?
 でも、中身はオッサン(エロトーク的な意味で)個人的にとてもオイシイw
・食人・・・って本人じゃなくって食べさせる方が好みだったんだ。
 全力で忘れていた。ゴメンナサイ。でもその悪趣味さも魅力の内。
 それも自らが親しい人間の味を知っているから出来る所業。

・おかま・・・とかっていうより綺麗なオニーサンのイメージ。
 ああいうタイプはSが多い気がする。でも最近の杏里さんはM気味?
 恋する乙女(?)だからか?

an-01.jpg
Sネタがでたので。
こう、台所器具を使った拷問・・・とか?
『実録!煮え湯を飲ますとは!?』っていう感じですかw


・杏里さんにとっての柿山平次って?
 二重人格・・・とかではないんだよねぇ?でも、明らかに杏里≠平次である気がするんだ。
 『本名』として、柿山平次って名前を捨ててないってことは杏里さんの男としての
 最後のなんだろう・・・砦?的な何かなんだろうかと思う。

an-05.jpg
捨てようにも捨てられない感じ。どう頑張っても自分の一部だってところか?

・柿山平次としての杏里さんを考えるにあたって。
 杏里さんは女性として創路くんが好きなのか、男として創路くんが好きなのか・・・
 これは、リアルなそういう種類の人たちの話と同じ。
 彼らはちゃんとそういう線引きがされてるそうな。
 まあ、自分以外の人間を好きになるってのは
 自分の立ち位置を確立しないとその感情すら曖昧になってしまう気がする。

an-02.jpg
創路くんは杏里さんが平次でも好きなのかな?杏里さんは平次の自分は創路くんに見せたくないのではないか?と思う。ある意味杏里さんの暗部・・・的な。

・忘れがちだけど忘れちゃいけない過去話。
 過去があるからこそ今の彼が彼として存在し得るわけで。
 今の彼からは想像し難い事実ではあるのだが。
 要するに、それほど今の日常の彼が穏やかで正常な精神を持ち得ているということか。

・肉体的なこと。
 や、別に変な話ではなくてw
 男性だということは変えようがない話。
 入念な手入れをしているであろう事は想像に難くない。
an-07.jpg
 夕方ごろにはこんな風景も見られるのかなぁ?
 こんな迂闊はしないか・・・w

・女性体を望むことは?
 意味合い的には、体として女性になることを望んだりはしないのかという。
 前記で書いたように、女性として創路くんが好きなら望むこともあると思うんだが・・・?
an-06.jpg
 とか。きっと皆祝福してくれると思うんだ。全力で。
 ・・・いや、留守の間の食事を考えたら反対するか?むしろ、その所為で踏み切れない?
 それはそうと、女性の着物を着た絵でのどぼとけを描いたのはこれが初めてだったというw

・『杏里』がいなかったら
 杏里さんが柿山平次として生きてたらどうなってたんだろう?
 この場合は、過去の出来事が丸無視になりかねない気もするが・・・
 とりあえず、辻褄の合う部分だけで考えると性格的には結構別人な気がする。
 親の生活地位がある所為で『杏里』が必要だったとしたならば、それをなかったことにしてみる。
 が、それが無いと鉤辻組との接点もなくなってしまうわけで・・・発想に無理があるのか?
 とりあえず、平次くんが描きたかっただけなので。
an-04.jpg an-11.jpg
 平次時は結構吹っ切れる(振り切れる)イメージがある。何故?
 飄々としていつつ、テンションの上がり易い扱いにくいタイプ・・・とか?矛盾?

・精神の強度。
 25年過ごしてきているわけで、生活環境的にそれなりに強靭な精神ではあると思われる。
 が、トラウマなどが無いとも言い切れない。
 親しい、近しい・・・或いは、愛する相手の窮地・生命の危機などには敏感に反応がありそう。
 相手の状況、場合によっては精神に以上をきたすことも・・・?
 錯乱・発狂よりは、空虚になるように思う。心が壊れるイメージ。
an-10.jpg
 白痴・・・とは違うか。
 日本人形のように着飾って・・・それでも彼の瞳には誰も写ることはない。



・要するになんなんよ?
 此処にいたるまでに色々書いて、考えてきたけれど、とりあえず言えること。

 俺、杏里さん大好き!!

 それだけが伝われば幸せ。
 個人的には彼が『彼女』としてではなくて『彼』の状態で存在していることが大好き。


an-03.jpg an-08.jpg
微妙に出しそびれた絵w頭身の潰れた絵が描きやすくて好き。
「青菜~」に関しては特に意味はないよw
何となく言っても不自然じゃないような言葉として考えたんだが・・・全力で不自然であるw



というわけで、やたら長くなったですがお付き合いありがとうございました。
次回はいつになることやら(;^ω^)
ともかく、思うがままに書き散らしてみたんでスッキリで。

さぁ、次回用のらくがきを溜めなくてはw

プロフィール

ミナギ

Author:ミナギ
文章力は無いものの、思いついたことを思いつくままに書き散らそうか・・・といった感じ。
基本的にpixiv内の企画のネタばかり。

たぶん。

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

緑色の魔物

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

カテゴリ

RSSリンクの表示

Copyright © ミナギ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。